自分の歯ではありません

インプラントの手術が終わり、治癒期間も過ぎて新しい歯が入ったとき、違和感を覚える方が多くいらっしゃいます。
何が違うといわれても答えに困るのですが、以前の自分の歯で咬んだ感触と違うので戸惑うのです。

人間の歯は、骨に埋まっていますが、直接くっついてるわけではありません。
骨と歯の間には、0.2mmくらいの薄い膜があります。これを歯根膜といいます。
歯根膜は歯にとって非常に重要な役割をしています。

咬むという行為を行なうとき、歯は敏感なセンサー、感知器となっています。
ためしに前歯で硬いものを咬もうとしてください。途中で口が閉じられなくなるはずです。
これは前歯にある歯根膜が、咬む圧力を感じて脳に信号を送ります。
その信号を受け取った脳は、”これ以上の力で咬むと歯が折れるので力を入れないように”との信号を出して顎の筋肉にストップをかけるのです。
歯根膜は、ものを咬んだときの圧力や咬む力をコントロールするための信号を出す働きをしています。

歯周病になると、この歯根膜が破壊されてしまうので、歯がグラグラと動いて、最後に抜けてしまいます。

Two Front Teeth

インプラントには歯根膜がありません。
チタンの根は、骨と直接についています。
インプラントの入った歯で咬むと、圧力を伝える神経が無いので、人は無意識に強い力を入れて咬んでしまいます。
感知器のストップが無いので、全力で咬んでしまうのですね。
この力はとても強く、大人で80kgとかの力を出すことがあるそうです。
インプラントはチタン製ですので壊れることはありませんが、そのインプラントと歯を接合してるのは小さなネジです。
このネジが咬む力に耐え切れずに折れてしまう事故が時々起こります。
それは歯根膜が無いために起こるのです。

咬んだときの感触が自分の歯と違う理由は、この歯根膜の存在です。

photo by: RichardBowen
Tags: , , ,

タグ

いよいよ歯が入る



歯を失ってインプラントで回復する場合、注意しておくべきことがあります。

インプラントを入れたら歯が出来ると思っていますが、そうではありません。
インプラントとは、骨の中に入ってる金属(チタン)の部分だけです。
つまり上に入る歯は含まれません。
ここはよく勘違いされています。
手術して、インプラントが入ったらすぐに咬めると思ってる人も多いですね。
スポーツ選手が肘や膝の手術をして、すぐに走ったり投げたり出来るでしょうか。
手術が終わったら、厳しいリハビリが始まります。
それと同じで、インプラントも手術が終わったら、まずは治癒期間が必要です。
完全に骨とくっつくのを待つのです。それから再検査を行ないます。
この間、歯はありません。口の中にはまだ何も出来てないのです。

再検査で骨とインプラントが融合してるのが確認できたら、2度目の手術です。
これはインプラントの一部を口の中に見えるようにするものです。
それが終わったら、見えてるインプラントの頭に歯をつける作業に入ります。
ここでようやく歯が出来てくるのですね。

でも、いきなり歯を入れるわけにはいきません。まずは仮歯です。
これで咬んでも大丈夫なのかチェックします。
インプラントが骨と融合してるのかどうかは、この段階でも調べます。
咬んでも痛くなく、動いたりしなければ、いよいよ最終の歯が入るのです。
ここまで最短でも2ヶ月かかります。
歯を失うのは一瞬ですが、作るのは時間が必要ですよね。

photo by: John Morton
Tags: , ,

タグ

どこでも出来るの



外でご飯を食べるとき、どんなところに行きますか。
お寿司、蕎麦、ハンバーグ、ステーキ、お好み焼き、ラーメン、いろいろありますよね。
ビュッフェタイプなら、いろんな種類の食事を一度に楽しめて便利ですね。

子供を連れて行くには良いのですが、一つの食材をじっくり楽しみたいのならば、専門店に行く方が良いと思います。
スーパーで買ったウナギもそこそこ美味しいですが、天然ウナギを食べさせてくれるお店にはかないません。

歯医者は総合で治療を行ないます。
一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科とありますが、普通は一人の先生が全てを受け持ちます。
ビュッフェのようなものですね。

ではインプラントはどこで行なえば良いでしょうか。

一番良いのは専門の診療所です。
インプラントは外科処置ですので、専用のオペ室が完備されて、CTや麻酔医がいれば万全です。
あとはドクターの腕ですが、これは回数が多い先生ほど良いと思えます。
一般の診療所でもインプラントを行ないますが、やはり回数が少ないので、経験が浅くなってしまいます。
専門医が近くにいない場合、近所で処置を行ないたいと思う方は、ドクターにインプラントの経験本数を聞いてみましょう。
50本以上の経験があれば、まず安心です。100本を越えてる先生であれば、たいていのトラブルにも対応できます。

道具も大事ですが、一番重要なのはドクターの経験です。
長く同じ処置を続けてる人ほど、その処置に精通していますから、インプラントのオペを行なう場合はドクターの経験を重視しましょう。

photo by: US Army Africa
Tags: , , ,

タグ

このページの先頭へ