手術が終わったら


治癒期間中に行なうことは、インプラントの上に歯を入れるための準備です。
インプラントで根っこが出来ても、周囲の歯の状況が悪ければインプラントが長持ちしません。
歯周病の治療は、完治させるのが難しいので、この治癒期間中にも継続して治療を行ないます。
むし歯があれば治しますし、歯並びがおかしい場合も、可能な限り治療します。
矯正が必要なほどのゆがみがあれば、それはインプラントの治療と平行して治療するか、事前に治療を行なっておきます。
治癒期間中は、仮の歯を入れて、残ってる歯の移動を防ぎます。
入れ歯を入れることも多いのですが、インプラントを入れてから2週間は負荷を与えてはいけません。
この時期は何も入れないことが多いですね。

photo

あれこれと治療を行なっていれば、2ヶ月くらいはあっという間に経過します。
インプラントの計画が1本だけの場合はこれで治癒期間が終わりますが、複数を計画してる場合は、
治癒期間中に次のオペを行ないます。
ただ、人の口は、咬める場所を確保しながら処置を行なうのが基本ですので、右か左に咬めるところが無い場合、
まずどこでも構わないので、咬めるところが出来てから次の処置に入ります。

入れ歯を長い間使っていた人や、全く入れ歯を入れずに過ごしてきた人は、かむところが無くなって、かみ合わせがむちゃくちゃになってることもあります。
その場合は、最初に入れ歯を作り直して咬み合わせを確保し、それからインプラントの計画に入ります。

最終的にインプラントの歯で咬めるようにするためには、正しい位置で咬めるようにすることが大事なのです。

photo by: 陈从峰
No tags for this post.

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ