たかが虫歯、されど虫歯



虫歯って嫌ですよね。殆どの人が経験を持ってるのではないでしょうか。
ずきずきと痛む歯を感じて、おかしいなと思ったら、歯医者さんで治療を受けなくてはいけません。
最初のころは、少し冷たい水が染みる程度だったのに、だんだん痛みがひどくなってくる。
鎮痛薬でごまかすのも限界になると、歯医者に飛び込んで治療を受けることになります。

このころにはすでに手遅れで、痛みを感じる神経を取らなくてはいけない場合が多いですね。
麻酔をして、痛みを消してから神経を取ります。
とりあえず、それで痛みはなくなりますが、それで全てが終わったわけではありません。
歯の神経を抜くと、歯は死んでしまいます。
言い方が少々きついですが、神経の生きてる歯というのは、丈夫に出来ています。
少々の力がかかっても折れませんし、痛みを感じる事で歯を守っています。
過度な力が加わると、歯は悲鳴を上げますよ。おもいきり奥歯で物を咬むと、これ以上咬め無いと言う所で痛くなりませんか。
これは、それ以上咬むと歯が割れるという信号なのです。

神経を取ると、その信号が分からなくなります。
良く勘違いされるのですが、神経を取って痛みを感じなくなった歯は、虫歯にならないと思ってる人もいます。
それは間違いです。
神経を取っても歯には変わりありません。虫歯にはなります。
むしろ、神経の生きてる歯よりも虫歯になりやすいのです。

神経の無い歯は、痛みを感じませんから、虫歯が深く進行しても、ひびが入っても全く分からないのです。
こうなると、後は抜歯まで時間の問題になります。
だからと言って痛みを感じてる神経を残すのは本末転倒です。
痛くてどうしようもない時は神経を取るしかありません。あとは、しっかりと手入れをして、定期健診で虫歯ができないようにケアをしていくようにするのです。

治療の痛みより、その後のトラブルを考えれば、絶対に虫歯は放置してはいけませんよ。

photo by: yopuz
Tags: ,

タグ

2012年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人の歯の話

健康を維持するには歯から



人の場合、老化現象が最も早く現れるのは脳です。
例えば目が弱くなったなあと思っても、それは脳の機能が低下してるのです。
脳と目は直接つながっています。目を見ればその人の心が見えるというのは、嘘ではありません。
目の表情が、精神状態を表しています。

足腰や筋力も低下しますが、人が歳をとったと感じるのは、脳の機能が低下した時だそうです。
物覚えが悪くなったり、記憶していたことを思い出せなくなったりすると、人は困惑します。
自分では歳をとっていないと思っても、肉体は確実に機能を下げています。

もちろん老化現象は個人差が大きいので、全員を一緒には出来ませんが、
脳の機能が衰えるのが一番怖いと感じてる人が多いのは事実ですね。

では老化を抑えるにはどうすれば良いでしょうか。
まずは運動です。筋肉は歳をとっても鍛えれば成長します。
骨も適度な負担を与えれば丈夫になり、折れにくくなります。

脳はどうでしょうか。
こちらも適度な刺激を与えるのが効果的です。
趣味を持ったり、人と接する機会の多い人ほどボケにくいのは証明されています。
それと、食事のときにしっかりと咬む事です。
入れ歯を入れてる人よりも、多くの歯を残してる人の方が元気でボケません。
咬む刺激が脳と顎の筋肉を活性化させます。歯が多いほど脳に届く刺激が強くなります。
健康で長生きするには、まず歯を丈夫にして残すことが大事ですね。
若い時から歯に関心を持って生活しましょう。すでに歯を失っていても、取り戻せますよ。

photo by: SuperFantastic
Tags: ,

タグ

2012年3月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人の歯の話

このページの先頭へ