最新情報

2014年11月30日インプラント治療の流れ
歯が入ったら定期健診へ
2014年10月29日インプラント治療の流れ
骨にくっついたら二度目の処置
2014年9月29日インプラント治療の流れ
再検査をします
2014年8月27日インプラント治療の流れ
しばらくお休みですね
2014年7月25日インプラント治療の流れ
手術が終わったら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

しばらくお休みですね

ちょっと話は前後しますが。

インプラントの処置が終わったら、治癒期間があります。
骨の状況などで変わりますが、数ヶ月間は何もしません。
途中でレントゲンによる検査はありますが、基本的には何もすることが無いのです。
このように書くと弊害があるので、もう少し詳しく説明します。

治癒期間は、骨の中に入ったインプラントが骨とつく大事な時間です。
この期間中に、治療部位に大きな力がかかると、せっかくくっつこうとしていたインプラントと骨がはがれてしまいます。
ですので、治療中のところは極力安静にするよう、説明があります。
どのくらいの期間かと言うと、最低2週間です。
この2週間が、骨とインプラントの最初の接合が行なわれる時間となります。

お休みマロン。
ある病院でインプラントを行った人が、2週間の間に治療中の部位でものを咬んでいたそうです。
後日、検査をしたら骨と全くくっついていなかったので、インプラントを抜かなくてはいけませんでした。

”なぜ咬んだのですか”と医者に聞かれて、
”だって、咬めたから”と答えていました。

医者の注意を全く聞いていなかったのです。
治療は患者さんが受けるものですが、重要な注意を守れない場合は、処置を受けるべきではありません。

治癒期間は、インプラントにとって非常に大事な時期なのです。
医者の話は、必要な情報を患者さんに伝えて、事故が起こらないようにしてるのです。
処置を受ける前に、説明はしっかりと聞くようにしましょう。

photo by: neco
Tags: , ,

タグ

手術が終わったら

治癒期間中に行なうことは、インプラントの上に歯を入れるための準備です。
インプラントで根っこが出来ても、周囲の歯の状況が悪ければインプラントが長持ちしません。
歯周病の治療は、完治させるのが難しいので、この治癒期間中にも継続して治療を行ないます。
むし歯があれば治しますし、歯並びがおかしい場合も、可能な限り治療します。
矯正が必要なほどのゆがみがあれば、それはインプラントの治療と平行して治療するか、事前に治療を行なっておきます。
治癒期間中は、仮の歯を入れて、残ってる歯の移動を防ぎます。
入れ歯を入れることも多いのですが、インプラントを入れてから2週間は負荷を与えてはいけません。
この時期は何も入れないことが多いですね。

photo

あれこれと治療を行なっていれば、2ヶ月くらいはあっという間に経過します。
インプラントの計画が1本だけの場合はこれで治癒期間が終わりますが、複数を計画してる場合は、
治癒期間中に次のオペを行ないます。
ただ、人の口は、咬める場所を確保しながら処置を行なうのが基本ですので、右か左に咬めるところが無い場合、
まずどこでも構わないので、咬めるところが出来てから次の処置に入ります。

入れ歯を長い間使っていた人や、全く入れ歯を入れずに過ごしてきた人は、かむところが無くなって、かみ合わせがむちゃくちゃになってることもあります。
その場合は、最初に入れ歯を作り直して咬み合わせを確保し、それからインプラントの計画に入ります。

最終的にインプラントの歯で咬めるようにするためには、正しい位置で咬めるようにすることが大事なのです。

photo by: 陈从峰
No tags for this post.

タグ

処置当日の注意

いよいよオペ当日ですね。
前日からの注意は受けてると思います。
手術当日は万全の体調で受けること。ですので、早めに寝て体力を養って下さい。
当日はお風呂とお酒が厳禁です。出血がどのくらい出るのか分からないので、血圧をあげるような行為は控えます。
痛みも出る人と出ない人がいます。

手術の時間は1本で1時間から1時間30分くらいです。
麻酔の導入から、覚醒までを手術時間とします。
緊張する場合は精神安定剤を飲んだり、笑気ガスで気分を落ちつけたりします。
麻酔医の立会いで全身麻酔を行なう場合もあります。
たとえ局所麻酔でも、ふらつきが出ることがありますので、自動車での通院は控えましょう。
出された薬は言われたとおりに飲んで下さい。一般的には抗生物質、痛み止め、うがい薬が多いですね。
傷口は縫い合わせてあります。食事は普通に出来ますが、傷に何かが触れると痛みが出ますから注意しましょう。

Medical/Surgical Operative Photography
処置後、次の日に消毒します。
腫れたり、痛みが続くこともあります。心配なら電話で相談します。
熱を持ってうずく場合は、連絡を入れて観て貰うほうが良いですね。薬を変える方が良い場合があります。

消毒が終われば、処置日から1週間後に抜糸を行ないます。
それまでに縫い合わせた糸が解けた場合は連絡します。傷口が開くと感染を起こすことがあります。

無事に糸を抜けば、あとは治癒期間を待つだけです。
この間も何かがあればすぐに連絡して観て貰います。

途中でレントゲン撮影を行なうところもあります。

photo by: phalinn
Tags: ,

タグ

2 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ