自分の歯ではありません

インプラントの手術が終わり、治癒期間も過ぎて新しい歯が入ったとき、違和感を覚える方が多くいらっしゃいます。
何が違うといわれても答えに困るのですが、以前の自分の歯で咬んだ感触と違うので戸惑うのです。

人間の歯は、骨に埋まっていますが、直接くっついてるわけではありません。
骨と歯の間には、0.2mmくらいの薄い膜があります。これを歯根膜といいます。
歯根膜は歯にとって非常に重要な役割をしています。

咬むという行為を行なうとき、歯は敏感なセンサー、感知器となっています。
ためしに前歯で硬いものを咬もうとしてください。途中で口が閉じられなくなるはずです。
これは前歯にある歯根膜が、咬む圧力を感じて脳に信号を送ります。
その信号を受け取った脳は、”これ以上の力で咬むと歯が折れるので力を入れないように”との信号を出して顎の筋肉にストップをかけるのです。
歯根膜は、ものを咬んだときの圧力や咬む力をコントロールするための信号を出す働きをしています。

歯周病になると、この歯根膜が破壊されてしまうので、歯がグラグラと動いて、最後に抜けてしまいます。

Two Front Teeth

インプラントには歯根膜がありません。
チタンの根は、骨と直接についています。
インプラントの入った歯で咬むと、圧力を伝える神経が無いので、人は無意識に強い力を入れて咬んでしまいます。
感知器のストップが無いので、全力で咬んでしまうのですね。
この力はとても強く、大人で80kgとかの力を出すことがあるそうです。
インプラントはチタン製ですので壊れることはありませんが、そのインプラントと歯を接合してるのは小さなネジです。
このネジが咬む力に耐え切れずに折れてしまう事故が時々起こります。
それは歯根膜が無いために起こるのです。

咬んだときの感触が自分の歯と違う理由は、この歯根膜の存在です。

photo by: RichardBowen
Tags: , , ,

タグ

咬めた・・・、けど?



大変な思いをして、インプラントの手術と処置が終わりました。
全てが完了し、いよいよ新しい歯で生活する時が来ましたね。
多分、一番楽しみなのは食事ではないでしょうか。
今まで入れ歯だったり、歯が無くて咬めなかったのですから、しっかりと咬んで食事をしようと思ってるはずです。

では実際に食べてみた感想はいかがですか。
多分、何かしら違和感を感じてるのではないでしょうか。

すぐに慣れてしまう場合も多いのですが、やはりしばらくは変な感じが残ります。
その原因は、歯を支えている骨と直接にくっついてる事で起こる、脳への刺激の変化です。

人間の歯は、歯根膜で骨とつながっています。
これはクッションの役割もしているので、硬いものを咬んだときの衝撃が直接に脳へ届かないようにしています。
しかしインプラントは骨とくっついてる金属です。
咬んだときの衝撃は、直接に脳へと響きます。
この感覚が変な違和感をもたらすのです。

咬む刺激と言うのは、脳への適度な信号ですので、ボケ防止にもなります。
しかしその刺激は、ごつんごつんとしたものではなく、こんこんと軽く響く程度のものです。
インプラントで咬んだときの衝撃は、頭の骨をかなづちで叩くような感じになります。

その違和感には慣れるまで時間がかかるでしょう。
インプラントの処置が終わった後で話を聞くと、多くの人がこの違和感を訴えます。
人工的な歯根膜の開発も行なわれていますが、人間の歯と全く同じ機能を持つものが出来るのはしばらく時間がかかりそうです。

photo by: memsahib 313
Tags: , ,

タグ

選択肢は3つ



歯を失うと言うのは、多くの場合が歯医者さんで抜歯されることです。
事故などで失うこともありますが、そういったケースはあまり多くありません。
たいては虫歯や歯周病の悪化で、保存することが出来なくなって抜歯に至ります。

確かに歯を失うことはつらいのですが、保存できない歯を残しておくと、さらに状況は悪化してしまいます。
虫歯の歯は、虫歯を媒介する原因となるので、他の歯に虫歯が移動していきます。
よく、虫歯を放置してる人がいますが、これは虫歯を自分で増やしてることになりますよ。

歯周病でグラグラになった歯も同様です。
歯周病菌が歯の周囲に大量に付着してるので、それが他の歯を悪くしてしまいます。
保存できない歯は、残しておくべきではありません。他の歯を守るために抜くのです。

抜いたあとは、早く何かを入れて歯の移動を食い止めます。
歯と言うのは、そのまま放置してると移動する性質があるのです。

歯医者さんで相談すると、三つの選択肢が出てきます。
まずは入れ歯。どんなに沢山の歯が抜けても、入れ歯を作ることが出来ます。
全ての歯を失っても、とりあえずは入れ歯で回復できますね。

次にブリッジです。これは抜いた歯の前後にある歯を削り、金属で連結することで無くなった歯の代わりを作ります。
まだ残ってる歯が多く、しっかりと咬めるのであれば、このブリッジを入れる人が多いですね。
ただし、金属を連結するので、銀色が目立つようになります。

最後にインプラントです。
これは無くなった歯の部分に、金属製の小さなネジを埋め込んで、人工の根を作る方法です。
最新ですし、もっとも良い選択枝ですが、保険治療が出来ないので高額になります。

photo by: Douglas R Witt
Tags: , ,

タグ

2012年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人の歯の話

このページの先頭へ